介護予防 介護保険の見直しに 「つまずきにくく、ぬげないスリッパ」

介護予防、イルカスリッパについて

介護を必要とする高齢者を支える仕組みの道筋が整ってきた現在、虚弱の高齢者が要介護にならないための取り組みがより一層大事になって来ています。
現在、要支援、要介護度1など軽度の要介護認定者数が1.7倍に増え、これらの方の状況を悪化させない介護予防が、緊急の課題になっています。
そこで、
介護予防が大切になってくるわけですが。これまでの介護予防・生活支え合い事業の実施状況をみてみると、配食サービスや住宅改修支援事業などに比べ、治療費の支払い、及び要介護状態にならないための、介護予防の取り組みは十分といえません。
ただ、転倒予防教室は若干伸びていますが、内容はというと講師が
転ばないようにしましょうというをするだけの、一回きりの講演会なので、効果は疑問です。


東京都老人総合研究所、介護予防緊急対策室長、大渕修一(医学博士)師が3年間追跡調査して、わかった事は、高齢者が病気になって、治療、要支援を受ける事は少なく、大部分は転倒者だそうです。
つまずいて、転倒し骨折する高齢者は100人中20人は、いるそうです。
また3年間の当追跡調査で毎年、3倍くらい介護保険の費用がかかる事もわかりつつあります。
介護予防に取り組むことで、介護費用を大きく減らす事が出来るのです。



厚生労働省の社会保障審議会、介護保険部会も04年6月28日、高齢者が要介護状態にならないようにする介護予防の骨子案をまとめました。


現在、靴等のメーカーは、高齢者に対しては
    1)厚く柔らかい靴底。(地面から足に伝わる衝撃を吸収する、
               ひざの負担が軽くなる)
    2)磁気付きシューズ(血行促進)等。
    3)抗菌、防カビ、消臭、効果等。
    4)アッパー(縫製加工)部分をマジックタイプにする。(履きやすい)
    5)靴底を滑りにくくする。
上記のような開発はしています。が、“つまずいても転ばないように”
と言う靴は開発はしていません。


当社はこの問題点を開発しました。
つまずいても、転びにくい、スリッパを作りました。


従来の物を100%利用した事です。

このイルカスリッパはNHKでも取り上げられた程、いま注目の商品です。

  • NHKテレビ(全国放送)「おはよう日本・まちかど情報室」 2回放映
    参校URL http://www.nhk.or.jp/machikado/info/details050513.html


  • NHKテレビ「首都圏ネットワーク」
  • 男女用靴も計画中。
    なお、詳細については、お問い合わせください。

      Copyright (C) 2005 irukajirushi.com All Rights Reserved.